2011年06月01日

心臓病の災難

2月19日以来のお休みでした
実は心臓病で、病院のお医者さん看護婦さんには
命を救っていただきました

心臓はなにしろ、コントロールし難い臓器です
私が入院したときは150も脈拍があって
心房細動といわれ、いつ止まってもおかしくないと
医者に言われました。

そのいろんな治療をしたのですが、一番効いたのは
AEDでした。
何万ボルトもの電圧を掛け、心臓をビックリさせるものです
わたしの心臓は<びっくり>して、正常に戻りましたが
またいつ<さぼる>か判りません。

これが心臓の病のやっかいなところです。
いまでも普通のひとの1/2くらいしか動いていない
といわれました。
じっとしていると<普通>です
ブログを書いていれば 安全でしょうか?
posted by 旅人 at 17:56| 日記