2017年02月12日

2番だしで出汁素材を有効活用

和食などでは常識の「2番出汁」

これって食材の有効活用となり、節約にも通じることなんですよね。

たとえば昆布

沸騰させて煮込むとえぐみなどが出る事から、一晩に水につけて水出しし、弱火で沸騰の手前まで煮出すというのが一般的かと思います。
ただ、そうした弱めの火力だと出汁の全ては出ません。
「素材の旨味を抽出」
などといって、ガンガン沸騰させて煮込む料理がある事からも、昆布のこの煮出し方は旨味が抽出しきれていないことが分かるでしょう。

という事で、その素材をもう一度使い2番だしを取る事で素材の旨味をもっと有効活用できます。
ただ、1番出汁と比べ、旨味の出方が緩いので、使い方を工夫したり、他の素材をプラスしたりなどが必要となります。

また、二番だしを取った後の出汁ガラにも注目です。
昆布であれば、佃煮にして食べたりと、あます事なく有効活用する事が節約へとつながります。
お金を浮かすには努力も大事なのですよね。

こうした事は、煮干しやサバ節、貝柱などにもあてはまります。
出汁ガラを感想させこまかくし、ふりかけにしたり、炊き込みご飯に混ぜたりなど、色々な有効活用があるので、自分なりの出汁素材の使い方を研究してみてはいかがでしょうか?
posted by 旅人 at 17:12| 食生活

2017年01月30日

割れせんを大量に購入

煎餅工場で通常では売っていない「割れせん」をたっぷりと購入しました。

「割れせん」

とは、他にも、「こわれせん」などとも言われる、割れたお煎餅の事です。

割れている事で、販売するには適さないとの事ですが、食べる分には全く関係ありません。
というか、むしろ私の場合は煎餅は食べる前に袋の中で割ってから食べやすくしてから出すタイプなので、最初から割れているというのは全く問題ありません。というか嬉しい位です。

基本的にスーパーなどで時折売っている割れせんは、通常200円のところ160円といった位に割引価格レベルなのですが、製造元経由で入手出来るルートがあると、かなり激安価格で買う事が出来ます。
今回は、知り合いの会社が、煎餅会社より大量に格安価格で購入した割れせんの一部を売ってもらった形でした。
なかなかないケースですが、嬉しかったですね〜

ただ、たっぷり買いだめる事は出来ません。
なぜなら賞味期限があるからです。
乾き物なので、腐って食べられなくなるということはごく稀なのですが、時間の経過でのデメリットはしけてしまう点です。
そうなると美味しさも半減です。

ですので、家族で数日以内に食べられる量を購入するのが無難かと思われます。

という事で、我が家ではしばらく煎餅ライフが続きます。
posted by 旅人 at 01:52| 食生活

2016年09月23日

スーパーのタイムセールを活用!

スーパーは閉店間近になると、食品が売れ残って廃棄となってしまうのを避ける為に割引サービスを行うお店が多かったりします。

時間帯、値引き幅などはお店によって違うので一概には言えないのですが、だいだい夕食時が過ぎ1〜2時間経過した8時半〜9時頃が多いかと思います。
私が良く行くお店では10時位の遅い時間になってしまうと、ほとんど売り切れてしまっています。

それも、私と同様にタイムセールを狙う人が多いからです。

時間帯によっては、割引用のシールを持った店員さんが各惣菜に貼っていくのについてまわる人達がたくさんいます。
そうした人達は狙いの商品が値引きされるのを待ってから買い物カゴに入れていきます。
かくいう私もそのうちの一人として値引き商品を狙っています。

ちなみに、何段階かに分けて値引きをしていくお店も多いです。
早い時間帯にはまず2割引き位にし、次に3割引き、そしてラストに半額といった様に3段階にするお店も多く、そうした商品には割引シールが何枚も貼られる形となります。
私の場合は、2割引き位では何の魅力も感じず、半額になるのを待ったりします。
ずっとお店にいる訳ではなく、半額になりそうな時間帯を狙っていきます。

そうして買った商品の賞味期限は短いのですが、私の場合は3食分位買い、夕食、翌日の朝ご飯、昼のお弁当に使用しています。
賞味期限が過ぎているのであくまで自己責任ではありますが、その位は特に問題なく食べられていますね。
(推奨している訳ではないのであしからず)

スーパーによってはパンなども値引きされるので、翌日の朝ご飯にちょうど良かったりします。

こうしたタイムセールをうまく活用し、食費を浮かしていきましょう!
posted by 旅人 at 00:37| 食生活

2016年07月03日

炊飯での節約に気をつける

毎日食べるごはん。

ここを節約すると、小額ではありますが、コツコツと積み上げる事で、大きな結果を生む事が出来ます。

ご飯は炊いたらすぐ食べるのが一番美味しいのは、「炊きたてごはん」という言葉が良い意味で使われている事からも分かると思います。
ご飯は炊き上がった直後からどんどんと劣化が進んでいくので、本来、朝に炊いて炊飯ジャーで保温をし、それを夜に食べるというのは味の面でも良くない事なのです。

そして、それは「電気代」という面でもマイナスです。
保温状態を保つという事は、電気代の浪費に他なりません。

そこで、出てくるのが冷凍です。
ご飯はラップなどを使い冷凍する事で劣化を防ぐことが出来ます。
そして、電気代も明らかにお得なのです。

それ以来我が家では、朝に多めに炊いて冷凍という日々が続いています。
味も良いですし、何より電気代もお得です。

炊飯での節約について紹介しているページ
posted by 旅人 at 12:35| 食生活

2016年06月12日

ミキサーを活用

節約をする上で、食事にかかる代金を抑えることは重要です。

今回ご紹介するのはミキサーの活用です。

ミキサーを使うと、普段はあまり食べる事のない固い部分を有効活用する事が出来たり、冷凍保存が出来たりとお得な面がいくつかあります。

例えば、ブロッコリーのくきの固い部分などは、普段はなかなか食べません。
そこをレンジでチンし、他の果物や野菜と混ぜてミキサーにかければ、美味しく頂くことが出来ます。
キャベツの芯の部分なども同様です。
ただ、ミキサーにこびりついた部分をしっかりとこそげ取り、キッチリと食べないとロスも増えます。

また、作ったものを100円ショップなどで売っているミニタッパなどに小分けにし、冷凍する事で長期保存も可能となります。
野菜や果物を安い時に買いだめ、ミキサーでスムージー状態にし、冷凍する事で安いものを長期に渡り食べる事が出来ます。

色んな野菜を使う事で、食物繊維など各種栄養素も豊富ですしね。
冷凍する事で各種ビタミンなどが壊れるとも言われますが、完全に失われる訳ではないらしいですし。

ミキサーでのスムージー、試してみてはいかがでしょうか?
posted by 旅人 at 22:56| 食生活