2016年07月18日

自転車のパンクを自分で直す

自転車がパンクしてしまったので、自分で修理を試みてみました。

自転車屋さんで修理を頼むと、安くても1,500円、店によってはもっと高いケースが多々あります。

そこで、ネットで紹介しているサイトがあったので、その通りにやってみました。

すると、、

うまくいかなかったのか、パンクの穴をふさぐシールの部分が膨らんでしまっているのか、走っている時にシールの部分が地面にあたる時に「ガタン」となってしまいます。。

恐らくそこが凸状になっていたのでしょう。

再び調べてみると、削った後にゴムを伸ばす為に、一旦膨らませるという工程があるのだとか。
きっと伸ばすことで、馴染ませるのですね!

早速試してみたところ、、

パ〜ン!!!

と破裂してしまいました。。

きっと膨らませ過ぎたのでしょう。

結局新しいチューブを買う事となりました。

勉強不足、経験不足から、逆に無駄な出費と無駄な時間を使ってしまいました。

ただ、今後に向けて良い経験になったかなと。

次は成功させてみせます!

というか、次があるという事はパンクするという意味なので、次はこない方が良いのですけどね・・
posted by 旅人 at 01:12| 日常生活